犬の鳴き声の意味!こんな鳴き方の時はこんな気分!

行動・気持ち

犬の鳴き声といえば、ワンワンッ!ですよね?

実際犬と暮らしていると、犬の鳴き声にもいろいろなパターンがあることに気付くかと思います。
人間と違い、言葉を持たない犬にとって、鳴き声は数少ない意思表示方法のひとつです。

せっかく犬と暮らすのなら、できるだけ犬の言いたいことをわかってあげたい・・・
そんな人に、愛犬の気持ちを理解するためのヒントをご紹介します。

犬の鳴き声の基本

最もシンプルでわかりやすい犬語の解読は、声の高さを聞きわけることです。
基本的に、犬が高い声を出す時は友好的な意を表し、逆に低い声の時は不機嫌なときが多いです。
ドッグランなどで他の犬と遊んでいる時、仲のいいお友達わんこを見つけると、少し高い声で鳴いたりしていませんか?
相性の悪いわんこだと、低い声で唸ったり、追い払うように鳴いたりしていませんか?
この声の高さは、状況によって異なることもあるので絶対的ではありませんが、あくまで基本的な部分として頭に入れておくといいかもしれません。

よく見られる犬の鳴き声

「ワンワン」のほかに、甘えん坊な犬なら「キューン」の鳴くことも多いのではないのでしょうか。
これは、「構ってほしい」だったり、「さみしいな」といった意思の表れです。
こんな時に、しょうがないなあ、とすぐに構ってしまうと、さみしい時にずっと鳴き続けてしまうことになるので、正しくコミュニケーションをとりましょうね。
ほかに、警戒心の強い子なら「ウーッ」と低く鳴くこともあるかもしれません。
攻撃的な気分になっている可能性があるので、落ち着かせるようにしましょう。
また、おもちゃなどで遊んでいる最中に唸っているときは、興奮が抑えられていない状態なので、この場合も少しクールダウンさせたほうがいいでしょう。
「キャン!」と短く高い声で鳴いたときは要注意!
恐怖や痛みを訴えるサインです。
なにか身体に異変がある場合は、状況を見て対処してあげてください。

犬の遠吠えってどんな理由があるの?

猫にはない犬の鳴き方の特徴のひとつとして遠吠えがあります。
この遠吠えの秘密は、犬のルーツに関連づいています。
犬の先祖をオオカミです。
オオカミは群れとなって、複数匹で暮らす生き物です。
広い野山で暮らすオオカミは、「ぼくはここにいるよ!」というアピールを、遠吠えをして行っていました。
現代では、近所の犬が鳴きだしたら、つられてうちの子も吠えてしまう、といった行動は、この遠吠えのなごりだといわれています。
ほかにも、群れで暮らしていた犬にとってひとりぼっちは少し寂しくなってしまうもの。
お留守番のときや、夜に家族が寝静まると鳴いてしまうことも、寂しさから家族や仲間にメッセージを送ろうとしているのです。

インターホンの音や、知らない人に吠えてしまうのは?

犬を飼っている人の悩みによく挙げられるのが、無駄吠え。
特にインターホンが鳴った時や来客時、救急車のサイレン音が響く時などは、吠えだすとなかなか制止がききません。
こういった音へ反応には、さまざまな理由があります。
怖がりな犬の場合は、見慣れないものや聞き慣れない音への恐怖心があります。
警戒心の強い犬は、「あやしいぞ!あっちいけ!」という意思表示です。
また、勇敢な犬は、大好きな家族を守るために、必死で戦おうとして吠えることもあるのです。
同じ状況であっても、犬のタイプによって鳴き声で伝えたいことはさまざまです。
共通していえることは、犬がその状況を非常として捉えていることではないでしょうか。
子犬のうちから日常の様々なものや音に触れさせることで、こういった問題行動は軽減されるといわれています。

まとめ

いかがでしたか?
言葉をもたない犬たちも、一生懸命に私たちになにかを伝えようとしています。
「怖い!」と鳴いている犬を、無理に他の犬に近づけたりすると、攻撃行動に出てしまい事故に繋がる危険もあります。
愛犬の鳴き声を理解することは、安心のドッグライフを送るための第一歩かもしれません。
犬の気持ちを理解して、信頼できるパートナーになりましょうね!

わんちゃんのお世話には何かとお金がかかりますよね。

ネットで稼ぐ方法を無料のメール講座で分かりやすく紹介しています。
もっと成長したい方、収入をアップしたい方におすすめ。

メールアドレスとアドレスのみで無料登録可能です!

登録は以下のフォームから!

行動・気持ち
xilをフォローする
wanchans
タイトルとURLをコピーしました