おとなしい犬種のランキング 吠えにくい・優しい犬は?

人生の一時期をともに過ごす愛犬は、かけがえのない思い出と癒しを与えてくれる人生のパートナーです。

でも犬を家族の一員として迎えるとき、どのような犬種を選べば良いのかとても悩みますよね。
様々な種類の愛玩動物の中で、犬ほど犬種・個体による性格が違う動物も珍しいと言われています。

つまりは新しいパートナーを迎える時、その犬種の性格をしっかり理解し、飼育環境を考慮しながら選ぶのが大切だと言うことなのです。
では性格が穏やかで、あまり無駄吠えをしない、初心者でも比較的飼いやすい犬をご紹介します。

1位「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」

一般にキャバリアと呼ばれ、愛くるしい目と耳を持つ人気の小型犬です。イギリス産で優しく穏やかな性格が特徴。スキンシップが大好きで、見知らぬ人になでられても喜ぶ等社交的な一面があります。初対面の人・他の犬にあまり吠えないのでしつけがしやすく、初めて犬を飼う方にはお勧めの犬種です。またお客様の多い家庭や、小さなお子様のいる家庭にもお勧めの犬ですよ。

2位「シー・ズー」

中国はチベットで生まれた犬種で人懐っこく陽気な性格です。子供との相性もよいので初めて犬を飼われる方にもお勧めですが、きちんとしつけをしないと無駄吠えをする事があります。最低限のしつけはどの犬種にも必要なのですが、シー・ズーの場合は可愛いからとつい甘やかしてしまう事が多いようです。陽気な性格で頭も良いので、きちんとしつければ素敵な人生のパートナーになってくれます。チベットでは幸福をもたらす犬として大切に扱われてきた魅力的な犬種です。

3位「ラブラドール・レトリバー」

盲導犬として活躍する穏やかな性格の犬ですが、本来はとても好奇心が旺盛で、特に人を喜ばせることが大好きな性格です。あまり犬になれていない飼い主でも楽しく遊べる犬だと言えます。またお散歩をきちんと日課にすれば、ほとんど無駄吠えをしないので、マンションなどの室内でも飼う事が出来、お子さまとの相性も良いです。

4位「ゴールデン・レトリバー」

大型犬は比較的優しい性格の犬種が多いのですが、ゴールデン・レトリバーは特に穏やかで優しい性格が特徴です。赤ちゃんのいる家庭でも安心して飼うことができる程おとなしく、老人ホーム・病院などでセラピードッグとしても活躍しています。ですがこの犬種もラブラドールと同様に遊びが大好き。その名の通りレトリーブ(ボール等を回収する)が得意です。毎日1時間ほどの散歩は欠かせませんが、アイコンタクトがとても上手で飼い主の気持ちを感じ取れる素敵な犬種です。優しく賢い性格ですのであなたの素敵な人生のパートナーになってくれますよ。

5位「イタリアン・グレイハウンド」

静かで人見知りするほど引っ込み思案な性格ですが、飼い主にはとても従順です。頭が良く周りの雰囲気を読むタイプなのであまり多頭飼いには向きません。
ですが人間特に飼い主とのパートナーシップは抜群ですので、あまり犬を飼ったことのない方でも素敵な関係を築くことが出来ます。

従順でおとなしく飼いやすい犬は他にもたくさんいます。ですが「おとなしい犬=飼いやすい犬」ではないのがおわかり頂けたでしょうか。

ペットと飼い主は主従関係を持つことが大切です。
どれほど愛くるしい小型犬でも、犬はオオカミを先祖とするネオテニー。

生まれつき集団で生活する本能を持っていますので、飼い主は犬のリーダーになることが最も大切なのです。

犬が「このリーダーの側で暮らせば安心できる」と感じれば、犬と飼い主は素敵な人生のパートナーとなるでしょう。
あなたが選ぶ犬種の性格をよく知り、毅然とした態度でリーダーシップを取って下さいね。

ですが個体によっても性格が違いますし、特に最近人気のミックス犬はどちらの親の性格を濃く受け継ぐかはそれぞれの個体により違います。
○○種だからこんな性格と思い込まずに、その子の行動をしっかりと観察する事も大切です。

素敵な人生のパートナーに出会えることを願っています。