体質別ドッグフードの選び方、ご存じですか?【アレルギー・肥満・毛艶】

ごはん

「総合栄養食」としてのドッグフードを選ぶとき、愛犬の年齢だけでなく、体質も考慮することが大切だと言われています。犬や猫は種類や個体差が激しい愛玩動物ですので、パートナーの体質をよく知る事が、愛犬の健康を守るための最高のフードを選ぶ事につながります。ではパートナーの体質別にフード選びで気をつけることをご紹介しますね。

アレルギー体質のこの子には

「体全体をかゆがる・涙やけで目の周りが濡れる・同じ場所を赤むけになるほど舐める・耳ダレで強いにおいがする・下痢をしやすい」これらの症状が出ていればあなたの愛犬はアレルギー体質かもしれません。かかりつけの獣医に相談し、どのようなアレルゲンがアレルギーの原因になっているかを検査されると良いでしょう。例えば、鶏肉アレルギーの場合、フィッシュ・ラム・エルク等他の種類の動物性タンパク質を使用したフードに切り替える必要があります。また比較的アレルギーが出にくいとされるサーモンのみをタンパク源にするフードもありますよ。

食事だけでなくダニ・花粉などが原因でアレルギーを起こしている犬もいます。食べ物lだけが原因だと考えすぎてしまうと、「何を食べさせれば良いのか?」と飼い主がパニックになる事も。ですので気長に色々なタンパク源を試されるのがお勧めです。

また子犬を迎えたときから食をローテーションさせ、いろいろな種類のタンパク源を食べさせると比較的アレルギーになりにくいと言われています。我が家では子犬の頃からフィッシュ・チキン・ラム・エルクをローテーションしながら与えていますが、アレルギーはほとんど出ません。ローテーションは食に楽しみも出ますし、体質改善にもなりますので本当にお勧めですよ。もし試される場合は、無理をせずなるべく獣医に相談しながら少しずつ変えてみてください。この方法でアレルギーを克服した犬はたくさんいます。同一のタンパク源を避け、できるかぎりいろいろな肉を与えるのは、愛犬の健康に良いと言われています。

肥満気味のこの子には

現在の日本では室内飼育の犬が多く、運動不足から肥満になる傾向が見られます。また避妊手術や去勢手術を行っている犬も太りやすい体質であると言えます。犬は一度太らせてしまうと関節・内臓に多くの問題を抱えます。ダイエット中の犬には低カロリー低脂肪が理想的ではありますが、成長期の犬ではあまりお勧めしません。むしろ高タンパクで良質の動物性タンパク質のフードを利用するのも良い方法です。犬は肉食動物ですので良質のアミノ酸とバランスの良いミネラル・ビタミンが重要です。つまり高タンパクの食事で代謝を促し肥満させないという事なのですね。また特に肥満は腎臓に負担がかかりやすいので消化・吸収・排泄のためにもミネラルは必須の栄養素です。

毛艶が良くないこの子には

皮膚・被毛の状態は犬の健康を表すバロメーターと言われています。つまり毛づやを良くするのはブラッシング・シャンプー等の外面からのケアだけではありません。胃腸が弱く消化吸収の状態が良くないと被毛の美しさが無くなり皮膚の状態も悪くなります。このような時にはフードを見直してみるのも良い方法ですよ。良質のタンパク源が皮膚被毛に良いとはよく言われますが、意外に知られていないのがオメガ脂肪酸です。フィッシュを主原料とするフードだけでなくオメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸を添加しているフードもあります。オメガ脂肪酸は脳の活性化だけでなく被毛にも良いのですね。健康的な皮膚そして輝く被毛を手に入れるには、フードを選ぶつまり内面からのケアも大切です。

 

まとめ

総合栄養食としてのドッグフードを選ぶとき忘れてはならない大切な事があります。それはパートナーの年齢と体質を考慮してフードを選ぶという事です。私たち人間も成長期の子どもと高齢者では必要なエネルギーが違いますよね。犬の場合は寿命が短いのでより速いスピードで高齢になると言えます。そのときの年齢にあったフード選び、体質をよく観察しながらのフード選びが大切です。

わんちゃんのお世話には何かとお金がかかりますよね。

ネットで稼ぐ方法を無料のメール講座で分かりやすく紹介しています。
もっと成長したい方、収入をアップしたい方におすすめ。

メールアドレスとアドレスのみで無料登録可能です!

登録は以下のフォームから!

ごはん
kenshinをフォローする
wanchans
タイトルとURLをコピーしました