犬の老化防止!アンチエイジングの方法まとめ

健康管理

可愛い愛犬には元気で長生きしてほしいと考えるのは、どの飼い主さんも同じですね。
しかし、犬の寿命は人間よりも短く、やはり老化が始まります。

愛犬の世話をしていて、ふとした瞬間に年をとったなぁと感じることはありませんか?
そこで、少しでも元気で長生きしてもらうための犬の老化防止とアイチエイジングについてご紹介したいと思います。

1.老化のサインはいつから?その症状は?

犬の平均寿命は、サイズや犬種によっても違いまあすし、個体差もあります。
しかしシニア犬と呼ばれる年齢は、おおよそ大型犬で7歳くらい、小型犬で9際くらいからです。

では、そのシニア犬になってくると、どのような老化のサインが現れるのでしょうか?
シニア犬に多くみられる老化のサインをご紹介しましょう。

  • 毛艶が悪くなる
  • 耳が遠くなる
  • 散歩や歩くのを嫌がる
  • 口臭が強くなる
  • 段差を怖がるようになる
  • 寝ている時間が長くなる
  • トイレの間隔が短くなる

 

などの症状がみられると、老化が進んでいると考えられます。
若いうちからできるだけ老化防止を考えて生活させておくことも、
老化を遅らせる方法のひとつです。

また、シニア犬になってもアンチエイジングを意識することにより、元気ではつらつと生活をさせることができます。
では、犬の老化防止について考えてみましょう。

2.生活習慣で老化防止の方法とは

日常生活の中で、飼い主が犬の老化防止を意識した生活を共に送ることがとても大切です。
ただし、老化の進行具合は個体差がありますので、無理のないように行うことを心得ておきましょう。

毎日の散歩は重要

適度な運動は犬にとってとても大切なことです。
特に、毎日の散歩は脳に刺激を与え、体力も維持できます。

足腰が弱ってくると歩くのが遅くなったり、嫌がることが増えていきます。
しかし犬にとって運動のひとつ散歩は肥満防止に役立ちます。

肥満は関節や心臓に負担を掛け、病気の元となることがあります。
シニア犬になっても適度な運動をさせて肥満防止を行いましょう。

また、お散歩で太陽の光を浴びることも、とても大切なことです。
対等の光を浴びることによりビタミンDが体内で生成され、カルシウムの吸収を助けたり、
血管や心臓の機能を改善する働きを行います。

太陽の光を浴びると脳内ホルモンであるセロトニンが分泌されて、
眠気を誘うホルモンであるメラトニンが分泌されて、
良質な睡眠がとれます。

シニア犬になると昼夜逆転してしまうこともあるので、
朝日を浴びることで体内時計をリセットしてあげましょう。

食事はシニア用に変更する

シニアになると消化機能が低下してきます。
カロリー控えめで、シニア犬が不足しがちな栄養素が入った食事に変えてあげましょう。

老化防止に必要な栄養素は、上質なたんぱく質とカルシウム・ミネラルです。
消化がよくシニア犬の体にあった食事をとることは長生きの秘訣になります。
食事で足らない栄養素は、サプリメントなどで補うと良いでしょう。

定期的に健康診断を受ける

高齢になると病気になるリスクが高くなるのは犬も同じです。
多くの犬は10歳を迎えたころから、腎臓や肝臓・心臓などにトラブルを抱えるようになります。

食欲がない、咳が出るなどの症状が出た場合は、
早めに動物病院へ連れていき受診することをおススメします。

成犬の頃から年に一度は健康診断を受けておくと良いのですが、
シニア犬の場合は半年に一度、定期的に健康診断を受けさせることが大切です。

少しの変化も早く見つけることで、老化防止に繋がります。

3.心のケアでアンチエイジング

犬のでも体のケアだけでは老化防止にはなりません。
犬も感情があり、そこもフォローしてあげることで、元気に長生きできると考えましょう。

ストレスを取り除いてあげよう!

人でも犬でも、ストレスは病気や老化の元となります。
ストレスをできるだけ感じさせない生活を送ることが大切です。

愛犬がいる場所やトイレはいつも清潔にしておくことや、
散歩に行けない日にも外の空気を吸わせてあげるなど、犬の気持ちに寄り添うことが必要です。

また足腰が弱り、段差などを自分で上がれない場合は、
サポートをしてあげることで犬の負担が減りストレスを溜めずに済みます。

脳の活性化は老化防止に繋がる!

穏やかな生活を遅らせてあげることは非常に良いことですが、
時々、脳の活性化をさせる刺激を与えてあげることも必要です。

散歩の道を少し変えてみることや、来客に会わすと脳の刺激になりますし、
他の犬との交流も大きな刺激となります。
無理のない程度に、他の犬と遊ばせてみましょう。

マッサージは心に響く

免疫力が落ちてきた犬にマッサージは、代謝を促し大変老化防止に効果的です。
ただこのマッサージの効果は、ただマッサージをするだけではありません。

大好きな飼い主とのスキンシップが最大のアンチエイジングになることを知っておきましょう。
飼い主に触って撫でてもらえると、犬は最高に嬉しいと感じるようです。

このように、老化防止には心を身体のケアが大切であると言うことです。
ぜひ、愛犬が長生きできるように老化防止の方法を試してみてください。

わんちゃんのお世話には何かとお金がかかりますよね。

ネットで稼ぐ方法を無料のメール講座で分かりやすく紹介しています。
もっと成長したい方、収入をアップしたい方におすすめ。

メールアドレスとアドレスのみで無料登録可能です!

登録は以下のフォームから!

健康管理
maria_dangoをフォローする
wanchans
タイトルとURLをコピーしました