犬の水飲み 高さや器の形状・タイプはどんな物がおすすめ?

健康管理

1.生きるために大切な「水」

我われ人間を含め生きていくために欠かせない「水」。生命を維持するのにとても大切なものですよね。でも大切なものとは分かっていても、飲んでいればOKと思っていませんか?

ワンちゃんにとって水は、水分補給以外にも大切な役割があるんです!

・歯石の予防

ワンちゃんは、自ら歯磨きをすることができません。口腔内に溜まった食べかすは、そのままにしておくと歯石となってしまいます。一度、歯石が付いてしまうと落とすことはなかなか難しく、病院で麻酔を用いて歯石除去を行うしかありません。歯磨きのできないワンちゃんにとって、水を飲むことがうがいの代わりになるのです。

・病気になるリスクが高くなる!

水分をあまり摂らないと、膀胱炎や膀胱結石などの尿道系の病気を引き起こしやすくなるほか、腎臓の低下、皮膚炎にもなりやすくなります。お水を飲むことは、病気の予防にもなるんですね!

2.器の形状はどんなものがよい?

愛犬が、お水をあまり飲まない場合は器の高さや形状を一度見直しましょう。器には、お皿タイプのもの、給水器をケージに設置するもの、自動の給水器サーバーのようなものがあり素材もさまざまです。

お皿タイプ

■ステンレス製のボウル
ステンレス製は、割れにくく、傷がつきにくい、そして安いのが特徴です。傷がつきにくいというのがポイントです。なぜ傷がつきにくい方がよいかというと、細かい傷がつくことで細菌が繁殖しやすくなります。器に細菌が増えれば、水を飲むときに細菌が口の中へ入り、歯周病の原因になる可能性があります。

ステンレス製のボウルは大きさは選ぶことができてもデザインは選べないという難点があるのと、フローリングやタイルなど置く場所によっては滑りやすいので、滑り止めを敷くなどの工夫が必要です。

■陶器やガラスの器
陶器やガラス製の器は、傷がつきにくく、ある程度の重さがあるので、ワンちゃんが水を飲んでいる最中に器が動いてしまう心配もありませんし、傷もつきにくいので細菌の心配もありません。だたし値段が少々高価なのと、割れやすいので割れたり欠けたりすることがあります。取り扱いには十分に注意が必要です。

■プラスチックの器
プラスチックの器は、割れにくい、軽い、安いのが特徴です。またデザインや色も豊富なので、お好みのものが見つかりやすく理想的ですが、傷つきやすいという難点があります。近年、取り沙汰されている環境ホルモンの影響を考えてプラスチック製を敬遠する飼い主さんもいるようです。

給水器タイプ

■ケージに設置
ケージに設置して使用するタイプの給水器は、ノズルを舐めると少しずつ水を飲むことができます。このタイプの給水器のほとんどが、ペットボトルを取り付けて使用するのもなので空気にふれる面積も少ないため、ある程度清潔に保つことができます。しかし、このタイプは短頭種など犬種によっては飲みにくいという難点があります。

うがいのような役割を果たすこともできないので、口腔内ケアはほとんどできません。給水器を使用するのであれば、お皿と併用するのがおすすめです。

■自動給水器
専用のボトルに水を入れて設置することで、常に一定量の水が給水される仕組みになっています。長時間のお留守番でも水の心配をしなくてよい、お皿タイプと同じようにガブ飲みができ、こぼす心配もないというのが利点です。

大型犬用はサイズも大きいので場所をとってしまうのと、水を自動給水するときに大きな音がするので驚いてしまうかもしれないというのが難点です。自動給水器には自動、循環式の2種類あります。

3.給水器は高さも重要です

ワンちゃんは下を向いた状態で、舌を裏側へ巻きながら水を飲みます。給水器の高さが、高過ぎたり低すぎたりすると、飲みにくいばかりでなくむせてしまったり、首や背骨に負担がかかってしまいます。

どのくらいの高さがベストなの?

お皿タイプのものであれば、4本脚で立った状態で少し下を向いた高さがちょうどよいです。低い場合は、台の上におくなどして調整しましょう。ケージに付ける給水器タイプのものであれば、4本脚で立って上を向いた高さがちょうどよい高さになります。

どの給水器にもメリット、デメリットはありますが、清潔な水を保つことが最も重要です。ワンちゃんが飲みやすいもの、飼い主さんのライフスタイルなどを含めて選ばれるとよいのではないでしょうか。

わんちゃんのお世話には何かとお金がかかりますよね。

ネットで稼ぐ方法を無料のメール講座で分かりやすく紹介しています。
もっと成長したい方、収入をアップしたい方におすすめ。

メールアドレスとアドレスのみで無料登録可能です!

登録は以下のフォームから!

健康管理犬を飼う
yukayuka08をフォローする
wanchans
タイトルとURLをコピーしました