犬の白内障の見分け方と症状

病気

高齢になったワンちゃんの多くで見られる病気の一つに白内障があります。
白内障は、目の水晶体(すいしょうたい)という部分が白く濁り、進行すると視力がなくなることもあります。
多くは老齢性変化で、年齢に伴い少しづつ進行していきますが、外傷や糖尿病、眼内疾患に続発するものや、稀ですが遺伝性のものもあり、遺伝性のものなどは若齢で発症が多いと言われています。

一般に、高齢で目が白くなってくると白内障だと思われている方が多いですが、目が白くなっても白内障とは限りません。肉眼では完全には鑑別できませんが、白内障の見分け方などについてご紹介します。ただし、肉眼だけでは獣医師であっても完全には見分けることは不可能です。確定診断には動物病院での白内障検査が必要です。

【白内障で白く濁る部分】

眼は表面から順に、角膜(眼の表面の薄い膜)→前眼房(眼房水という液で満たされています)→虹彩(一般的に”黒目”と呼ばれる部分)→水晶体(一般的に”瞳”。正面から見ると虹彩の中心部で、暗いところでは大きく、明るいところでは小さくなります。)→硝子体→網膜・・・と続きます。

前述のとおり、白内障は「水晶体」の部分が白く濁ってくる病気です。

【白内障を疑う白濁】

水晶体が白濁しますので、それより前の部分はクリアーにみえます。つまり、黒目の部分までは綺麗に見え、瞳の部分が白っぽくなっていたら白内障が疑われます。

敢えて”疑われる”と表現しているのは、「瞳の部分が白い」=「水晶体より後ろの部分が白い」とは言えますがこれ以上は肉眼ではわからないからです。
例えば、核硬化症(*)や硝子体が白く濁っている場合は、瞳の部分が白く見え、黒目はクリアに見えますので、外観だけでは白内障と同じように見えます。

白内障であることを確定するには動物病院で白内障検査をら受ける必要があります。

(*)核硬化症とは、水晶体の中心部が白くなってくる老齢性変化ですすが、視力には影響がなく治すこともできないので基本的に治療の必要はありません。一説では、白内障を疑う約半数が核硬化症だとも言われております。

【白内障ではない白濁】

黒目が見えない(見えにくい)白濁は、眼の表面なら角膜、少し奥の方なら前眼房の白濁(房水フレア)です(角膜なのか前眼房なのかは肉眼での判別は困難だとおもいますが)。
角膜の白濁は、角膜炎や角膜潰瘍(かなり痛そうに見えるので実際にはあまり白内障とは思わないと思いますが…)、角膜ジストロフィー(多くは遺伝性で、痛みや炎症は伴わず、失明することはありません)などがあります。角膜炎や角膜潰瘍では眼が赤い、目がつぶったままになる、瞬きが増える、目ヤニが増える、涙っぽいなど併発があるかもしれません。

前眼房の白濁は、ぶどう膜炎などがあります。ぶどう膜炎も痛みや充血などを伴い、あまり白内障とは思わないかとしれませんが、軽度ならわからないかもしれません。

これらの場合は、すぐに治療した方がいい場合もありますので、早めに病院に行きましょう。

【白内障の症状】

白内障が進行して水晶体が完全に白濁すると視力がなくないます。 また、白内障が進行して溶解してくる過熟状態となるど、水晶体脱臼、網膜剥離やぶどう膜炎からの緑内障が白内障に続いておこる可能性もあります。
進行は、数日から数年でしてくると言われており、進行スピードにはかなり症例により幅があります。
白内障の治療は、点眼薬などで進行をすこし遅らせるか、外科手術をするかになります。外科手術の場合は、合併症(感染)を起こすリスクが高いので、基本的に安易には行いませんが、他の重大な眼疾患が続発する可能性もありますので、手術するかどうかは動物病院にてよく相談した上で決めてください。

わんちゃんのお世話には何かとお金がかかりますよね。

ネットで稼ぐ方法を無料のメール講座で分かりやすく紹介しています。
もっと成長したい方、収入をアップしたい方におすすめ。

メールアドレスとアドレスのみで無料登録可能です!

登録は以下のフォームから!

病気
xilをフォローする
wanchans
タイトルとURLをコピーしました