犬が唸るには実はいろいろな理由がある!それぞれの正しい対処法とは…?

なんの理由もなく、唸る犬はいません。

「唸る」というのは、人間から見れば威嚇しているようにしか見えません。

けれど、「唸る」という行為は、犬にとっては、「威嚇」だけでなく、いろいろな意味を相手に伝えようとしている行為です。

なぜ、犬が唸るのか?どんな時に唸るのかを知れば、犬が唸る理由もわかって来ます。

今回は犬が唸る理由と、その理由ごとの対処法をご紹介します!

 

犬が唸る理由「恐怖」「威嚇」「本能」それから、「歓喜」?!

私たち人間は、犬が低い声で「うう~ッ」と唸っていると、怒っているのでは?咬まれるのでは?と怯んでしまいます。

むしろ、唸っているのが自分の愛犬なら、「どうして、飼い主の私に唸るんだろう?この子の気持ちがわからない…」と不安な気持ちになってしまいます。

けれど、その犬が唸っている理由を知ることができれば、不安を感じることなく、対処出来ます

では、犬はどんなときに唸るのでしょうか?

 

 

 

「恐怖」を感じて、唸っているときの対処法「安心できるように、怖がる対象を取り除いてあげる」

頭をさげ、しっぽを丸め、後ろに下がりながら、歯をむき出して唸っているとき。

それは、何かにおびえているときです。

 

犬が恐怖を感じておびえているのなら、その正体を突き止めて、原因を取り除いてあげることが最優先です。

犬が恐怖を感じる原因を飼い主さんが解消する、という行動を積み重ねていくことで、愛犬とあなたとの信頼関係はより強くなって行きます。

この人の側にいれば、安心できる。

この人は、いつも自分を守ってくれる。

人間でも、なにかに怯えることなく、安心して毎日暮らせれば、いつもおだやかで安定した気持ちで暮らせますよね。

威嚇で唸っているときの対処法「上下関係を正しく理解させる」

鼻の頭にシワを寄せて唸るのは、飼い主さんのことを「唸ればいうことを聞く相手だ」と思っているからです。

例えば、ごはんを与えるときに「待て」と指示しているのに、唸り声をあげることはありませんか?

これは「早くごはんを食べさせろ!」と飼い主さんを脅して、急かしているのです。

また、愛犬のお気に入りの場所に飼い主さんが入ろうとすると「縄張りに入ってくるな!」と吠えたり唸ったりするときも、飼い主さんを自分よりも格下の存在だと思っています。

それでも、中型犬ぐらいの大きさの犬なら、飼い主さんの努力できちんと上下関係を犬に理解させることが出来るかも知れません。

日々の生活の中で、なにか指示を与え、それが出来たら褒める。

指示を聞かないときは、根気よく教える。

そのトレーニングを続けていきましょう。

けれど、大型犬や超大型犬の場合は、最悪の場合、咬まれて大けがをしかねません。

威嚇のために唸っている犬は、攻撃態勢に入っているので、かみついてくる可能性が高いからです。

ドックトレーナーさんや犬の訓練士さんなどの専門家に相談し、きちんと訓練を受けた方がよいと思います。

「本能」体が不調なとき「どこをかばっているのかを観察して、獣医さんへ」

どこかケガをしていたり、体調が悪く体を丸めて寝ているとき、本能的に人に体を触られるのを嫌がり、唸ることがあります。

それは防御本能で「痛いところに触らないで!」という感情を意味しています。

その状態で唸るときは、すぐに獣医さんに連れて行き診て貰いましょう。

うれしいとき「ちょっと、落ち着こうか?」と愛犬の感情をコントロールしてあげる

 

 

意外にも、犬はあまりに嬉しすぎると唸ってしまうことがあります。

飼い主さんとのひっぱりっこや、投げたボールを持ってくる遊びに熱中してしまって、飼い主さんにおもちゃなどを渡すときに唸り声をあげてしまうのです。

こんなときは、「ちょっと冷静になろうね」という意味で、遊びを一旦、「待て」と指示を出して、犬の感情を落ち着かせましょう。

まとめ 

「唸る」という行為は、犬にとっていろいろな感情を相手に伝える手段だと思います。

唸り声を聞くだけでなく、鼻先にシワを寄せていないか?

体を丸めていないか?

なにか周りに犬が怖がるような異変はないか?と気を配ってあげましょう。

そうすれば、犬の唸り声に怯えることはなく、犬の意思を汲み取ることでき、さらに深く愛犬との信頼関係が築けますよ!