犬の痙攣の原因と対処法

病気

痙攣(けいれん)は、犬にに突然起こる症状の中で最も飼い主さんが驚いてしまう症状の一つではないでしょうか?

痙攣は大脳皮質の異常かつ過剰なニューロン活動の結果起こります。痙攣が起こる原因は、一過性のものから重大なものまで様々です。
大きな異常がなく治療の必要がない場合もありますし、命に関わる問題がある場合もあります。

また、元々は大きな問題はなかったけど、痙攣状態が長く続くことで、重大な症状が残ることもあります。

今回は痙攣が起こる原因などについてお話しします。

【発作の種類】

①焦点性発作、部分発作

身体の一部に起こる感覚や運動の異常。震えているように見えたり変な動きをしているように見えたりしますが、部分発作なのか他のものなのか判断は難しいです。

②全身性発作

意識の消失を伴う全身性に起こる運動異常。おそらく一般的に”発作”というとこれを思い浮かべる方がほとんどだと思います。

③重積

5分以上続く発作または、治っても完全には正常には戻らず発作が反復する状態。重積状態の場合は、かなり危険な状態と言えます。

【発作の原因】

頭に問題がある場合と、頭以外に問題がある場合があります。

①頭の問題

a.特発性(原発性)てんかん
はっきりした原因は不明ですが、明らかな異常がなく起こる痙攣です。単発的に終わることもあれば、定期的に起こることもあります。原因を治すことはできないので、頻度が高ければ発作がでないように、普段から薬を飲み続け発作がでない状態に脳を抑えてあげる必要があります。

b.症候性てんかん
頭(脳)に疾患があり、その結果起こる発作。脳炎や腫瘍、水頭症などがあります。
基本的に原因となる疾患に対する治療が必要ですが、
治療できない場合(例えば、手術などができない脳腫瘍など)や治療途中だか発作がでてしまう場合などは、
鎮静剤などで対症療法的に発作を抑えてあける必要があります。

②頭以外の問題

身体の代謝に異常があったり、中毒性で起こったりする発作です。
例えば…

a.インスリノーマ(インスリンが過剰に分泌される膵臓腫瘍)などによる低血糖

b.門脈シャントなどによる高アンモニア血症に伴う脳症

c.低カルシウム血症(上皮小体機能低下症など原因様々)

d.鉛蓄積やエチレングリコール中毒

…などがあります。この場合は基本的に、原因となる疾患の治療を行います。

他に、不整脈などの心疾患に伴う失神(意識消失はあるが、異常な運動は生じない)なども、発作的な症状になります。

【発作の対処法】

特発性てんかんなどの場合は、単発的または非常に低い頻度でしか起こらず、すぐに自然と収まる場合も多くあります。
そういった場合は、基本的に無治療(または発作がでた時に備えて、坐薬などを持っておくだけ)となる場合がほとんどです。初めてや2回目くらいのてんかんなら比較的短時間で自然とおさまる場合が多いですが、発作が長く続いた場合は、脳が不可逆的な損傷を受ける場合があります。

薬も何もない場合は、発作を抑えてあげることはできず、基本的にそっとして収まるのを待つしかありませんので、
一度そういったことがあった方は、もしもの場合に備えて発作を抑える坐薬などを動物病院でもらっておいた方が安心かもしれません。

続いて起こる場合は、早めに病院を受診しましょう。

根本的に疾患がらある場合はその治療が必要ですし、
特発性のてんかんの場合でも、頻度が高いなら薬を飲み続けて発作がでない状態にしておく必要があります。

腫瘍など根本治療が困難な疾患により発作が見られた場合は、始めのうちは発作が出た時に鎮静剤を使うことで抑えてあげることができますが、
だんだんと薬の効きが悪くなり発作を抑えることが難しくなってきます。
そういった場合は、辛い判断かもしれませんが安楽死を考えてあげるのもその子に対する優しさかもしれません。

わんちゃんのお世話には何かとお金がかかりますよね。

ネットで稼ぐ方法を無料のメール講座で分かりやすく紹介しています。
もっと成長したい方、収入をアップしたい方におすすめ。

メールアドレスとアドレスのみで無料登録可能です!

登録は以下のフォームから!

病気
xilをフォローする
wanchans
タイトルとURLをコピーしました