犬の甘噛みをやめさせたい! 上手な直し方!簡単にやめさせる方法は?

1.犬の甘噛みをやめさせたい!

甘噛みはワンちゃんによくみられる行動です。

子犬、犬とおもちゃで遊んでいたら甘噛みをされた、ワンちゃんが手や足を噛んでくるというのは飼い主なら一度や二度あることですよね!ワンちゃんが甘噛みをしている姿は、ときには愛おしかったりもします。

でもこの甘噛みには、いろいろな意味が隠されているんです。

2.犬が甘噛みをするのはなぜ?

犬が甘噛みをするには、いくつかの原因が考えられます。

歯が生え変わる時期でむず痒い

子犬は生後4~5ヶ月くらいで乳歯から永久歯に生え変わり始め、すべて永久歯になるのは7~8ヶ月と言われています。この時期は、歯がむず痒いためそれを解消するために何かを噛んでしまうのです。そういった理由から、飼い主さんの手や足を甘噛みしたり、なかには家具や柱などを噛むワンちゃんもいるようです。

ストレスが溜まっている

ワンちゃんの問題行動にはストレスが大きく影響しているといわれています。人間もストレスが溜まるとイライラするのと同じで、ワンちゃんは溜まったストレスを噛むことで解消しているのです。また暇なときにも、噛むことでストレスを解消していることがあります。

飼い主さんにかまってもらえる、遊びの延長と思っている

ワンちゃんが甘噛みをしたときにビックリして声を上げたりしていませんか?飼い主さんのそんな行動をワンちゃんは「かまってもらった!」と勘違いしてしまい、噛めばかまってもらえると思ってしまうのです。

またワンちゃんに甘噛みをされても、そのまま遊びを続けていることはありませんか?子犬はお互いにじゃれあって遊ぶことが大好きです。犬同志の場合は、自分が嚙まれると痛いという経験を通して、そのような行動が次第に少なくなっていきますが、犬と飼い主さんとの場合はそうはいきません。自分が噛まれて痛いという経験をしていないため、ずっと噛み続けてしまうのです。

3.甘噛みの上手な直し方は?

低くて大きな声で「痛い!」という

低くて大きな声でいうのがポイントです。このとき、高い声を出したり、大袈裟に痛がったりすると遊んでもらっていると感違いしてしまうので注意しましょう。なぜ「低い声」がポイントなのかというと、母犬が子犬を叱るときは低い声で唸ります。母犬が低い声を出すことで、子犬は叱られたと理解をするのです。

何度も繰り返して甘噛みがいけないことを教える

手を嚙まれたら「痛い!」と叱り、甘噛みをやめたら大げさに褒めてあげましょう。
そして甘噛みされた手をもう一度ワンちゃんの目の前に差し出す→嚙まなければ大げさに褒める
これを繰り返し行い、甘噛みをしなければいいことがあると覚えさせましょう。

おもちゃやロープなどを与える

噛むこと=いけないことというのは学習しても、子犬にとって歯が抜ける時期は痒いものです。それを解消しないと、ワンちゃんにストレスを与えてしまうばかりです。代わりに、かじってもよいおもちゃやロープを与えるようにしましょう。

わんちゃんが甘噛みをすることに夢中になってしまっている場合や、興奮してしまっている場合は、お座りや伏せをさせて一度クールダウンさせましょう。

4.簡単にやめさせる方法は?

ワンちゃんが甘噛みをしてきたら、つい手を引いてしまいがちですが、手を引くのではなく逆に口の中に押し込んでみましょう。即座に離しますよ!

いづれの方法も子犬、成犬共に同じ方法でトレーニングが可能です。ワンちゃんの甘噛みは、放っておくことで人間に危害を加えたり思わぬ事故を招くことがありますので、早めにトレーニングをするようにしましょう。

犬にとって「噛む」という行為は自然なことですので、やってよいこと、悪いことをしっかりと飼い主さんが教えてあげるとよいのではないでしょうか。